10年以上、生理に悩まされた私がPMSサプリのルナベリーを飲んでみた体験談

はじめまして、普段は会社員で不規則な生活を送っているアラサー手前の独身女です。
今回、モニターとしてPMSサプリのルナベリーを試してみた体験レポートを書かせていただきます。

私は中学生の頃から毎月、生理になると情緒不安定になったり、ちょっとのことでイライラして急に泣き出したりしてしまうタイプの人間です。お腹と腰が異常に痛くなって動けなくなることもあります。

じぶんで制御できなくて、気づいたら彼氏や親しい人に八つ当たりしてしまって、人間関係が悪くなって後悔してしまうこともありました。

当時から生理症状に悩まされてきましたが、私がPMSサプリメントを試してみようと考えたのは、社会人になってからです。

私が働いている職場は男性がほとんどで女性の割合がとても少ない会社です。
生理症状がつらくて会社に遅れてしまったり、休んでしまうことも度々ありました。

でも、男性の多い職場なので生理に対する理解もなく、そもそも「生理症状がつらくて・・・」なんて言えません。

上司でもある男性の社員からは「甘えてる」「自分に甘い人間はあとでツケを払わされる」などと言われる始末です。

生理のつらさを知らない男性にそんなことを言われる筋合いはないと文句を言ってやりたかったですが、人によって症状の重さが違う生理症状を理解してもらうのは難しいですし、そんな気力すらありませんでした。

そんな状況があったことから、どうにかして生理症状をなくしていくためにはどうすれば良いかを考えるようになりました。

生理に耐える以外の選択肢を探した

これまでは生理がきたら、ただ耐えるだけ、市販の薬を服用してみる、といったことをしてきました。

ただ、私の場合は、市販の薬を飲んでもあまり効かず、そもそも薬は副作用もありますし、症状に対する対応がされるだけで、根本的な生理症状の解決策には繋がりにくいと思っていました。

生理に悩まされる日々から抜け出すための基本的な手段には「生活習慣の改善」があるようなのですが、私は仕事の関係上、生活リズムが乱れがちな部分があります。

元々、学生の頃から生活リズムが乱れがちな部分はありましたが、正直なところ「生活リズムを整えましょう」なんて言われても、そんな簡単に改善することができませんし、本当にそれで治るのかも分かりません・・・。

そこで最終的に出てきたのがPMSサプリメントでした。
PMSサプリメントは基本的に薬ではなく、自然成分の栄養から生理症状の緩和に良いとされる成分を摂取できるので、根本的な部分から生理症状の改善と向き合っていけると思いました。

ただ、私はこれまで「サプリメント」というものに対して疑問を感じてきた人だったので、試してみるまでは、本当に効果があるのか分からず、サプリメントに手を出すのは不安がありました。

病院に行ってみようかとも思ったのですが、精神安定剤とか出されるのも嫌ですし、受診料でお金が飛んだり、通院が面倒な部分から、まずは手軽に始めやすいサプリメントを選んでみました。

実際にサプリメントを試してみた感想

私が試してみたのはPMSサプリ ルナベリーです。

色々とPMSサプリメントをネット上で調べて口コミなども見て回ってみたのですが、生理症状の重さは人によって個人差が多く、サプリメントの効果も人によって変わってくる様子だったのでよく分かりませんでした。

配合成分もどれも似たりよったりで、大して大きな違いはないように思いました。

結局、何で判断したのかと・・・あまり意識して判断してません(笑)

「まずは試してみて、ダメだったらやめればいいや」という考えです。

とりあえずPMSサプリメントというカテゴリーで人気だったルナベリーを選んでおけば大きな間違いはなさそうですし、リピート率が93.2%だったので効果はありそうだな、と。

一番の決め手は初回分が実質無料だった点が大きいですね。

サプリメントの効果は個人差があるようだったので、実際に売れている商品でも自分に効果があるか分かりません。でも初回が実質無料なら損はないかなな、と思って選んでみた流れです。

私がルナベリーを飲んでみた感想としては、たしかにサプリメントを飲んでみてから体のだるさが軽くなったように感じています。

生理前になると胸が張ってきて、お腹と腰がぐぐぐーっと痛くなるのですが、飲み始めてみてからは生理症状のせいで仕事に集中できていますし、生理に対する理解がない職場環境の私にとっては欠かせない存在となっています。

人に八つ当たりしてしまうようなことも今のところはなく、以前より精神的なバランスもとれているように感じます。

これまでの私は生理症状はただ耐えるものとして考えてきましたが、PMSサプリメントと出会ってからは生理症状と向き合うという考えができました。

生理がきたらただ耐えるだけ、薬を飲んで対応するのではなく、根本から改善していくことの大切さを知りましたね。

なのでもし、生理症状に悩んでいる方は何かしらの行動をとってみると良いと思います。
少しの行動によって今後の生理の悩みが解消されるならば、それはとても良いことですし、逆に生理がつらいのに何もしないことは損だと思います。

PMSサプリ ルナベリー

 

PMSサプリって本当に効果があるの?

PMS(月経前症候群)の症状に悩まされている時、なんとか症状を緩和したいときの選択肢として挙がってくるのがPMSのサプリメントです。

一般的にサプリメントというものは

「健康に良い」

「○○が良くなる!」

などといったニュアンスで販売されています。

しかし、サプリメントを飲んだからといって体感的に、それらの効果を感じることはなかなか難しいと言えます。

サプリメントを購入する人が抱いている不安の多くは

「本当に効果があるのか」

「うさんくさい」

といった半信半疑な考えがあり、サプリメントに対してお金を出す価値が分からないというものです。

たしかに、PMSのサプリメントには生理前症状を緩和することが期待される栄養成分などが豊富に含まれているのは事実です。

ただし、サプリメントはあくまでもサプリメント。

サプリメントを飲んだだけで毎月の生理症状が緩和されるということではありません。

そもそもPMSというものは限定的な条件で引き起こされているものではなく、日頃の生活習慣や、ストレスなどといったあらゆる要因が積み重なって、女性ホルモンの分泌バランスが乱れ、PMSの症状が引き起こされていると考えられています。

そして、PMSのサプリメントは日頃の食事の中で栄養が摂取し切れない、特にPMS症状の緩和に良いとされる栄養成分を補助的に摂取するというものです。

現代のサプリメントにおいて、サプリメントが日頃の食事の代わりになるということはあり得ず、症状を改善させる根幹部分となるのはしっかりとした生活習慣やストレスを感じさせる問題を解決することです。

PMSのサプリメントには、たしかに普段の食事の中ではなかなか摂取できない、生理症状に良いとされる栄養成分が豊富に含まれています。

それによって毎月の生理症状から解放されるかもしれません。

しかし、それが成り立つのは根幹となる生活習慣ができた上で、はじめてサプリメントの効果が発揮されるのです。

>>PMSに悩む女性に人気なサプリメント

生理前のイライラ、やつあたりの原因|子供への虐待が抑えられなくなる

普段はとても温厚な性格なのに生理前になると人が変わってしまったかのように怒鳴り散らしたり、喚いてしまうことがあります。

どんなに自分のことを理解しているつもりでも、本当は怒りたくないと思っているのに、ついその時になると自分が抑えられない。

このような症状に陥っている人は夫や子供といった身近な関係にある人からも、変な目で見られてしまうことがあります。

そしてこれらの症状が出ている本人は自覚がなかったり、頭では分かっているのに自分を抑えることができずに悩んでいます。

生理前にイライラ、やつあたりしてしまう原因

生理前にイライラしたり、頭痛、腹痛、腰痛などといった何らかの症状が出てくることの多くは月経前生理症候群(PMS)によるものです。

月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経が始まるとともに減ったり消えたりするものをいいます。

引用:Yahoo! ヘルスケア

日本では最近、ようやくこのPMSに関する知識が普及してきましたが、それでもまだ世間的な理解というものは海外諸国と比べると遅れています。

そして、単なるPMSにある人は生理前のイライラ・やつあたりの症状があったとしても、自分の感情をコントロールすることができています。

イライラや情緒の不安定を自覚し、自制心が働ているのがPMSです。

しかし、このイライラや情緒の不安定を自分で全くコントロールできないケースがあります。

そのような方はPMSではなく、PMDD(月経前不快気分障害)である可能性が考えられます。

PMDD(月経前不快気分障害)とは

PMDD(月経前不快気分障害)はPMS(月経前症候群)よりも特に精神的な症状が特に著しい症状が出てきます。

不安感や怒りなどの感情の起伏が激しく、その症状によって日常生活や、周囲の人との人間関係に支障が出てくるほどのものです。

仕事場では全く集中することができずにミスを連発してしまったり、上司や部下との関係が上手くいかなくなる、家庭では突然ヒステリックになり、子供に虐待をしてしまうほどに自分が抑えられなくなってしまいます。

ところが生理が始まるとこれらの症状はパッと消えてしまい、周囲の人達はその変わりように驚きを覚えることもあります。

PMDDの原因

PMDD(月経前不快気分障害)はPMSと同様に、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌バランスなどが原因にあると考えられていますが、明確な原因というものは解明されていません。

PMDDの症状は生理前といった決まった時期に現れてくるため、PMDDの症状が出てくる人はこれらの症状が出てくる日々が近づいてくることに恐怖感を抱くこともあります。

PMDDの原因はPMDDにある人全員が同じ原因によって引き起こされているというものではなく、人によってPMDDに陥る原因が異なっているとされています。

これはPMSにも同じことがいえ、その原因の多くはストレスや、生活習慣の乱れなどです。

ストレスによって体に負担が掛かっていたり、生活リズムが乱れて質の良い睡眠ができていない、食事が悪いといった様々な要因が積み重なってPMSやPMDDといった症状が悪化していることが考えられます。

またPMDDになる人は何らかの大きな出来事が引き金となって発症することがあります。

例えば1人目、2人目の子供の出産まではなんともなかったのに、3人目の子供を出産してから突然、自分を抑えることができなくなるほどに生理前の症状が悪化してしまうことがあります。

PMDDの治療法

PMDDはPMSと症状が似ており、日本での認知度はまだまだ低い状況にあります。

PMSでさえまだあまり認知されていない面があり、PMSの症状に悩みながらもその症状に対して何らかの改善策を講じる日本の女性は非常に少ないです。

PMDDの主な治療法は抗うつ剤などを服用して脳内のセロトニンの分泌量を増加させるといったものです。

セロトニンは気分を落ち着けたり、睡眠の質の向上、精神の安定に深くかかわっている成分であり、PMSの治療にも効果的です。

PMDDの症状は放っておくと更なる負のスパイラルにハマっていってしまうことがあり、PMDDの症状が原因でうつ病になってしまうケースもあります。

PMDDの症状がみられる場合は、婦人科や精神科などで専門医師に診てもらうをお勧めいたします。

生理(PMS)で学校や仕事を休むのはダメなことなの?

生理の症状というものは軽い腹痛を感じるだけの人や、動けないほどに酷い腰痛や腹痛に苛まれる人など、人によって症状の重さが異なります。

これらの生理症状は生理がくる前の時期に出てくることがほとんどであり、それらは一般的に月経前症候群(PMS)として考えられています。

生理前の細かな症状は多岐に渡りますが、症状の重さも人それぞれです。

症状の重さというものは本人にしか分からないものであり、どれほど生理前の症状がつらいかどうかを他人に理解してもらうことはなかなか難しい面があります。

本当につらくてしょうがない生理症状に対して、他人から理解のない言葉を受ける女性は少なくありません。

そのような状況でも生理の症状が辛く、学校や仕事に行くこともままならない時、休むことは許されるものなのでしょうか。

生理で学校や仕事を休むのは平気?

生理を理由にして学校や仕事を休むことについては、法律で守られている部分があります。

労働基準法では

労働基準法 第68条

使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない。

と定められています。

つまり、生理で会社に勤務できないほどに辛い症状があり、女性社員がその申し出をしてきたときは、会社はその女性を働かせてはいけない決まりとなっています。

ただし、生理休暇は就業が著しく困難な場合にに限られているため、多少の生理症状では認められないことになっています。

しかし、生理症状というものは男性女性に限らず、本人にしか症状の重さが理解できないものです。

それを判断する術は会社側にはないため、生理休暇を安易に利用して休むといった問題がしばしば挙げられます。

そのため、生理休暇によって仕事を休む場合は基本的に無給となる会社が多いです。

実際は休めないのが現状

いくら労働基準法で生理休暇を取ることができるとしても、実際のところは生理がつらくてもなかなか休むことができないのが現状です。

学生であれば生理で学校を休んでも、基本的に周囲の人に迷惑がかかることは少ないですが、会社となると難しくなってきます。

さらに、男性は女性の生理に関する知識を持ち合わせていないことがほとんどであり、「生理で休む」という理由は理解されないことが多いです。

また、生理症状が軽い女性からも生理で休むことに理解がないことがあり、「自己管理がなっていない」として片づけられてしまうことがあります。

日本では「生理で休む」という考えは甘えであり、厳しい視線を浴びる傾向にあります。

生理に対して理解のある上司、職場環境であれば良いですが、全ての会社、職場でそのような理解があるとは限りません。

関連記事:生理で会社を休みがちだった私のPMS改善の体験談

生理で休むのが甘えだと捉えられてしまう理由

「生理症状で休むのは甘えだ」と考えている人の多くは忍耐力のなさ、自己管理能力のなさを感じています。

「本当は会社に行きたくないから、生理を理由にしているんだろう」

「なぜ生理の症状を改善しようとしないのだ」

といったものです。

会社に行きたくないという考えから生理症状を盾にして会社を休む人は「甘え」であると考えられても仕方ありません。

しかし、本当に生理で動けないほどに症状が重く、出勤できない人がいるのも事実です。

ところが、「生理で会社を休む」と聞いた人の立場からすると、これらの違いを判断する術がありません。

生理で休みたいけど休めない状況にある時は

「本当に生理がつらくて会社を休みたいけど、そんなこと言えない・・・」

そんな状況にあるときは、上司や職場の人に対して、生理に対する考えを改めてもらったり、そのような人に対して自身の状況を理解をしてもらう、伝える必要があるかもしれません。

生理というものはデリケートな部分の話であるため、そのような話はできない人も中にはいるでしょう。しかし、男性は生理に関する知識を全く持っていないことが多いです。

 

デリケートな話をするのは難しい場合は、仕事に対する姿勢をきちんとする必要があります。

「生理で休む」ことに対して疑問を抱く多くの人は、休む理由だけを見てそのように感じているのではなく、休む人自身も見て判断しています。

日頃から真面目に仕事に取組み、勤勉な姿勢で仕事をしている人が「生理で休む」と言うのと、普段から遅刻や何らかの理由で欠勤をするような人が言うのとでは説得力や信憑性が違ってきます。

どうしても生理症状を緩和することができず、仕方なく会社を休まざるを得ない人は、会社からの信用を得るために日頃の行動に気を遣っておく必要があります。

 

また、会社を休むほどに生理症状が酷いということは、日常生活に支障をきたすほどの症状であるということです。

しっかりと病院に行き、診察を受けて、自身がどういう状況にあるのかを把握することも大切です。

病院で専門的な知識を有している人に診てもらってすらいないのに、「生理がひどい」だけで休むのは症状を改善する努力をしていないと考えられてしまいます。

ただの生理症状だと思っていたものが、実は子宮筋腫や子宮内膜症だった…といったケースも考えられます。

関連記事:生理で会社を休みがちだった私のPMS改善の体験談

生理前になると眠れない|不眠の原因と対策

昼間は眠いのにいざ夜になってみると、体は疲れているのに眠れないことがあります。

早く寝なければいけないのになかなか眠ることができず、明日の朝に起きれるかどうか、睡眠時間が少なくなっていく不安などを抱えながらジジリジリと朝が近づいていくのはつらいものです。

不眠の原因

不眠の原因の多くは多忙による疲労や、ストレス、生活リズムの乱れなどが挙げられます。

特に社会人の女性は仕事や家事などに追われるだけでなく、自然な睡眠のリズムが乱れて睡眠の質真で悪くなってしまいがちです。

睡眠の質が悪いと、疲れがなかなか解消されずに自律神経のバランスが崩れていきます。

自律神経には活動する時に働く交感神経と、リラックスするときに働く副交感神経がありますが、自律神経が乱れて正常に機能しなくなるとこの二つの神経の切り替えが上手くいかなくなります。

つまり、自律神経が乱れることで意識的に眠ろうとしても、神経の切り替えができないことでリラックス状態には入れなかったり、眠いりに入ることができなくなってしまいます。

生理前に眠れないのは女性ホルモンの影響

生理前になると眠れない女性も多くいます。

これは月経前症候群(PMS)の症状の一つであると言えます。

生理前は女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの分泌が多くなります。

プロゲステロンはさまざまな生理症状を引き起こす原因として考えられています。

女性ホルモンと自律神経はお互いに影響し合う仕組みになっており、生理前に女性ホルモンの分泌量が変化すると、自律神経のバランスにも影響が出てきやすいと言えます。

また、40代頃になってくるともう一つの女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減り、それが原因で不眠の症状が出てくることもあります。

不眠の対処法

不眠の症状が出ているときは最近、何かストレスになる出来事や悩みごとがないかを思い出してみましょう。

心当たりがある場合は、それらの問題を解消するために行動をとったり、考え方や視点を変えて気持ちの在り方を変えていきましょう。

また、眠れない状態が長く続くのは体に疲労が蓄積して自律神経が乱れたり、女性ホルモンの分泌バランスが悪くなる原因にも繋がっていくため、早めに病院に足を運び、睡眠導入剤や安定剤をもらって服用するのも一つの手です。

ただし、睡眠導入剤や安定剤はその場凌ぎといった面もあるため、薬だけに頼るのではなく根本的な原因を探り、解決していくことが重要です。

生理前症状・PMSで不眠になっている場合は時間が必要になりますが、低用量ピルも効きます。

>>低用量ピルのよくあるQ&A

日常生活でできる不眠の対策

リラックス

不眠になりやすい人は夜ゆっくり過ごす習慣をつけたり、睡眠に入りやすい環境を整えることを心掛けてみましょう。

夜は神経を興奮させるようなコーヒーを控え、仕事や考え事、家の人と喧嘩をするといったことはしないようにしましょう。

気持ちよく睡眠に入れるように自身の体をリラックスさせる行動をとることが大切です。

早めにベッドに入ってアロマセラピーをしてみたり、重すぎない掛け布団や自分に合った枕に変えるといった工夫です。

朝の太陽の光を浴びる

人間の体は太陽の感じることで体が目覚め、夜は眠るようにできています。

デスクワークが中心の仕事などをしている人は、太陽の光を浴びる機会が少ないことで、太陽の光を浴びることによる体内時計の調整ができずに不眠になってしまうことがあります。

朝の太陽の光を浴びるのに合わせて運動もしておくと、夜に快適な睡眠をとることができるようになります。

入浴は早めに

就寝する直前に入浴すると眠りにつけないことがあります。

夜は早めににお風呂に入り、ゆっくりする時間の余裕を持ってみましょう。

半身浴でからだをリラックスさせるのも快適な睡眠を促進させます。

また、冷えて眠れないこともあるため、シャワーだけで入浴を済ませるのではなく、毎日湯船に浸かることが大切です。

アロマオイルを湯船に数滴入れてリラックス効果を図るのも良いでしょう。

不眠解消に良い食事をする

安眠をうながす効果がある栄養素にはトリプトファン、ビタミンB群、カルシウムなどが挙げられます。

トリプトファンを多く含む食品

  • 牛乳
  • 大豆
  • チーズ

これらの食品は体内で睡眠に必要なセロトニンを作るのに必要となります。

夕食には乳製品や大豆製品の軽めの料理がおすすめです。

ビタミンB群を多く含む食品

  • あさり
  • しじみ
  • レバー

これらの食品は脳の働きをよくする働きがあります。

日中に脳をよく働かせておくことで、夜の深い睡眠に繋げていきます。

朝食にしじみやあさりの味噌汁を飲むことで、日中の仕事効率を上げ、夜は質の良い睡眠がとれるようになります。

カルシウムを多く含む食品

  • 牛乳
  • 小魚
  • ごま

「すぐにイライラする人はカルシウムが足りない」と言われるように、カルシウムには鎮静作用があり、安らかな眠りができるようになります。

カルシウムはストレス解消にも効果があるため、不眠によくある原因の解消にも期待ができます。

栄養を摂りきれない時は

生理前の不眠を解消するためには質の良い睡眠、栄養が大切です。

しかし、質の良い睡眠を確保するために必要な栄養を毎日十分に確保していくのは大変です。

最近は毎日の忙しい生活の中でそれらの栄養を摂りきれなかったり、補う意味でサプリメントを使う人が増えてきています。

日本では生理前症状はただ耐えるものと考えている女性が多いですが、海外では積極的に生理前症状などに対する行動を摂ることが当たり前です。

PMSケアサプリメントを服用することによって、日常の中で生理による不眠症状などを改善する負担を軽減しながら、手軽に必要な栄養を確保していきます。

関連記事:PMSサプリメントは本当に効果があるの?

生理で吐き気や嘔吐を感じる原因と対処法

生理の時期が来るたびに吐き気や嘔吐を感じる女性は少なくありません。

一般的に吐き気や嘔吐の症状が引き起こされる原因は消化器系のどこかで食べたものの通貨を妨げるものがあることで胃の中のものを吐き出してしまったり、食中毒になった場合です。

しかし、それ以外にも吐き気や嘔吐の症状を感じることがあり、その一つに生理によって吐き気や嘔吐の症状が引き起こされるというものです。

生理で吐き気・嘔吐するのはなぜ?

女性は生理の時期になるとプロスタグランジンという女性ホルモンの分泌がされます。

プロスタグランジンは様々な生理活動に欠かせないものであり、血圧低下作用や筋肉の収縮、血管拡張作用などといった体の至る場所で必要とされるホルモンです。

ところがプロスタグランジンは生理痛に悩む女性の敵でもあります。

プロスタグランジンの分泌量が多すぎると、生理痛の症状がひどくなり、頭痛、腹痛、腰痛、だるさなどといった体調不良の悪化を招きます。

さらに、その症状の中には吐き気も含まれています。

子宮の収縮作用が吐き気の原因

プロスタグランジンには子宮内の経血を体外へ排出させる働きがありますが、他にも胃を収縮させる働きも持っています。

つまり、ホルモンの過剰分泌が行われてしまうと、それに伴って胃の収縮が強くなり、胃の痛みや吐き気が引き起こされてしまいます。

同時に、子宮の収縮も強くなっているため、吐き気を感じる女性は生理痛によるお腹の痛みも感じている方は少なくありません。

生理によって腹痛を感じる原因となるプロスタグランジンは、吐き気の症状を引き起こす要因にもなり得るのです。

生理症状の吐き気・嘔吐の改善方法

生理中の吐き気や嘔吐しそうになる症状に対する対処法としては、プロスタグランジンの過剰分泌を防ぐことが重要となってきます。

腰とお腹を温める

実は生理で悩むほとんどの症状は体の冷えによって悪化しています。

生理症状がつらい時は下腹部と仙骨(腰の中央から肛門の上あたりまでの三角の平たい骨)を中心に温めていきましょう。

下腹部と仙骨が位置する場所は子宮にもっとも近い場所であり、ここに衣服やカイロなどで温めてあげると骨盤内の血行が良くなります。

生理症状は血行の悪さによってさらに酷くなるため、骨盤内の血行をよくしてあげることが症状の緩和に繋がっていきます。

また、締め付けの強い衣服を着て座りっぱなしの仕事をしていたりすると、血行が悪くなる為、当然症状が悪化します。

普段の生活の中でお腹や腰回りの血行が悪くなりがちな方は、それらを改善してみることで吐き気や嘔吐の症状だけでなく、そのほかの生理症状も緩和されていくことが見込まれます。

体の緊張をゆるめる

生理症状には腰回りを楽にしてあげることも大切です。

ひざを曲げた状態で横になるとお腹周りの筋肉がゆるむため、骨盤内の毛細血管が開いて血流が良くなります。

体が温まる飲み物を飲む

生理症状には体を温めることが大切であり、手っ取り早く体を温めるには温かい飲み物が良いでしょう。

体の内側から温めることができるため、子宮の血行が良くなります。

ただし、コーヒーなどのカフェイン類は血管を収縮させる作用があるため、冷えの基になり逆効果です。

普段からコーヒーなどのカフェイン類を摂取していて、生理症状に悩んでいる方はカフェインの作用によって症状が酷くなっているケースもあります。

生活習慣を見直す

生理の症状が酷い方は生活習慣が乱れていることで自律神経に影響を与えていたり、栄養バランスの悪い食事などが関係していることがあります。

健康には規則正しい生活、栄養のある食事、質の良い睡眠は欠かせません。

それらを整えるだけでも生理症状は十分に改善されていきます。

生理痛がひどい時の改善対処法|起き上がれないほどの症状には

月経(生理)の時期がやってくる度に、激しい生理痛やかゆみなどに襲われると月経自体に恐怖感を抱いてしまいます。

生理痛が酷くて起き上がれないほどの症状になってくると、日常生活に支障がでてくるため、仕事や学校に行くのも困難な状況になります。

そこで生理痛で苦しんでいる時に実践できて、つらさを和らげる方法をご紹介します。

今すぐ生理痛を緩和するなら鎮痛剤

起き上がれないほどに生理痛の症状が酷く、痛いと感じたならば、我慢せずに鎮痛剤を飲むのが一番です。

鎮痛剤を飲むとクセになったり、薬は体に悪いという人がいますが、鎮痛剤は麻薬とは異なるものであり、常習性はありません。

また、月経期間は1ヵ月のうち3~8日程度であり、陳津剤が必要となるのはさらにそのうちの数日です。

服用量を守ってさえいれば、特に問題になることはありません。

鎮痛剤を飲むタイミングも重要

鎮痛剤を飲まずに生理痛の痛みを放っておくと、痛みはますますひどくなる一方です。

鎮痛剤というものは痛みが出る前のタイミングで服用すると、よく効果が現れます。

月経痛というものは子宮内膜がはがれるときにプロスタグランジンという痛み物質が産生されるために痛みが引き起こされています。

そして、主な鎮痛剤にはそのプロスタグランジンの産生を抑えてくれる働きがあります。

子宮内膜がはがれ始める月経初日に鎮痛剤を飲むことによって、プロスタグランジンの産生が抑えられ、月経期間中の起き上がれないほどの痛みが緩和されます。

鎮痛剤は自分にあった薬が良い

薬は病院で処方されたものでも、市販のものでも構いません。

市販の鎮痛剤にはいろいろなタイプがあり、人によって合う、合わないものがあります。

毎月のことなので、少量サイズのものを購入し、いくつか試して自身に合ったものを探していくと良いでしょう。

例えばパッケージには「ピリン」、「非ピリン」といった言葉があり、ピリン系の薬は即効性が高く、強い痛みでも素早く取り除いてくれるのが特長です。

ところが、人によってはアレルギーが出ることもあるため、ピリン系でアレルギーを引き起こした経験のある人は非ピリン系の空理の方が良いケースもあります。

非ピリン系は即効性はないものの、中程度の痛みであれば十分に痛みが緩和されます。

生理痛の痛みの度合いによって、薬を選んでいきましょう。

月経痛がひどい人は処方薬がおすすめ

月経痛が特にひどい人の場合は、処方薬にしたほうが安心です。

やはり市販薬は万人向けに作られているものであるため、女性外来や婦人科にかかって、個人に向けて処方される鎮痛剤の方がよく効くのは当然なことです。

また、女性外来や婦人科でかかりつけ医を持つことで「酷い生理痛だと思っていたものが実は子宮筋腫や子宮内膜症だった…」といった病気に気付くメリットもあります。

>>子宮筋腫と子宮内膜症の診断チェック

定期的にかかりつけ医に診てもらうことで、もし生理症状が悪化したとしても、経過を知っている医師であればすぐに適切な治療を受けることができます。

生理周期の乱れ|早い、遅い原因

生理周期は人によって個人差がありますが、普段の生理周期とは違って生理の間隔が早くなったり、遅くなったりすることがあります。

月経周期は28日前後が一般的とされており、このサイクルから大きく外れている状況を生理不順、月経障害、月経不順などと呼ばれています。

生理不順の種類

生理不順にはさまざまなタイプがあり、生理と生理の間にやってくる期間の長さによって種類が異なっています。

稀発月経

月経周期が39日以上にある場合は稀発月経となります。

この症状があると必ずしも体に異常があるとは限りませんが、周期がさらに伸びたり、基礎体温を測って高温期になる時期がない場合は婦人科での受診をしてみましょう。

稀発月経は無排卵月経の可能性や、排卵はあっても何らかの原因でホルモンが不足している可能性があります。

頻発月経

月経周期が24日以内にある場合は頻発月経となります。

人間の体はロボットではないため、多少の生理周期の乱れはよくあることです。

しかし、24日以内の頻発月経が長引くようになっている場合は至急や卵巣に何か原因が潜んでいることがあります。

多少の乱れはよくあること

10代の女性の場合、性機能が未発達であるために月経周期が乱れやすいと言えます。

また、30代の女性も1週間程度生理周期が長かったり、短かったりしても、それが毎回のことであればあまり心配することはありません。

ただし、今まで普通の範囲で動いていた生理周期の乱れが、最近になってどんどん周期がズレていくといった場合には卵巣や脳下垂体などの機能低下が考えられます。

生理周期が乱れる原因

ストレス

生理周期が乱れる原因として多いものにはストレスが挙げられます。

現代の女性は昔に比べてストレスを感じる機会が多くなっており、ストレスによる体や心の不調に悩まされる女性が増えています。

昔は更年期障害による症状によって生理周期が乱れるとされていましたが、最近は若い20代の女性でもストレスによって生理周期の乱れに悩まされています。

特に働く女性の場合は職場の人間関係がうまくいかなかったり、仕事でがんばっても評価がされないといった仕事関係のストレスを抱えやすく、それが原因で生理周期が乱れます。

また、主婦の場合であっても夫に構ってもらえなかったり、社会から取り残されているような孤独感を覚え、子育ての不安なども重なってストレスを抱えている女性もいます。

月経は女性ホルモンの作用によって起こりますが、このホルモンの分泌をコントロールしているのが脳の中にある視床下部と呼ばれる間脳の一部と、脳の下垂体です。

これらはホルモンの分泌を促す中枢としてだけでなく、感情や自律神経の中枢機能も備えています。

つまり、ストレスなどで脳がダメージを受けてしまうと、ホルモンの分泌にも影響がでてしまい、生理周期が乱れに繋がっていきます。

ここ最近で精神的に何か負担になる出来事がなかったかを思い返してみましょう。

ストレスが長く続くと自律神経を介してあらゆる症状がこころとからだに現れてきます。

極端なダイエット・運動

極端なダイエットを続けることによって、体に負担がかかってしまい、生理周期が乱れることがあります。

また、過激な運動をすることで生理不順を引き起こすこともあります。

女性は年齢を問わず肥満で悩む方が多いため、ダイエットを実践する女性は多いです。

手っ取り早くダイエットをする方法として考えられがちなのが不健康な食事生活をするダイエットです。

いわゆる食事をしない、食事を何回か抜く、といったダイエット方法などは体の健康を損ないながら体重を落とそうとするため、体の不調を招く原因になります。

無理なダイエットは月経の大敵であり、一般的に体重の1割以上を1~2ヶ月で減らした場合に月経が止まることがあります。

不健康なダイエットは月経不順だけでなく、骨粗しょう症や、無月経になってしまうこともあります。

最後に

生理周期の乱れといった月経不順を改善するには、月経前から心身の状態を良好にケアしていくことが大切です。

過激なダイエットやストレスによって自律神経などの体のバランスが崩れ、月経に影響がでてきます。

体質に合わせた食事や、栄養機能食品、サプリメントなどを生活に取り入れることで、心身共にバランスの良い生活をし、乱れたバランスを整えて体のリズムを取り戻していきましょう。

>>女性特有の悩みを改善するサプリメント

PMSサプリメントの選び方|結局どのサプリが良いの?

「生理前の症状がつらい・・・」
「生理痛が酷くて動けない」

生理前になるとPMS(生理前症候群)の症状に悩まされる方は少なくありません。

「あ、そろそろまた生理がくる時期だ…」

と思い出しながら毎月、生理症状に耐えるだけの日々は気分がどんよりさせられます。
どうにかしたいと思っても、そんな簡単に生理の悩みを改善できたらこんなに苦労しません。

気分がのらなくて、誰かに強く当たってしまったり、体調が悪くなったり…。
自分ではコントロールしようとしてるのに、生理前になるとつらくなって…。

女性の8割がPMSの症状に悩まされているとされていますが、ほとんどの人は生理症状に対策を対応をとることはしません。ただ耐えるだけの人がほとんどです。

ただし、なかには生理症状が重く、

「生理の症状をどうにかしたい」

と考えている方もいます。

そのような方に最近、支持されているのが、手軽に試しやすいサプリメントです。

ところが、PMSサプリは種類がたくさんありすぎて、分からなかった点が多くあります。
検索して調べてみても、PMSサプリの商品がたくさん紹介してあるだけで、違いが分かりにくいです。

そこでこのページでは、安全面が考慮されていて、売れ行きが良い4つの人気サプリを比較しやすく、まとめてみました。

  PMSサプリ ルナベリー PMS対応サプリメント「女性のミカタ」 めぐルナ ルナテア
公式サイトへ 女性リズムを美ヂカラに「めぐルナ」
通常価格 4,400円 1,980円 5,200円 4,980円
初回限定

定期実質無料
(送料500円

定期980円
(送料無料)
定期980円
(送料無料)
定期980円
(送料無料)
定期コース
(2回目以降
3,960円 1,782円 3,980円 3,980円
特長 リピート率93.2%
120日間全額返金保証
手頃な値段で症状に合わせた2種類のサプリ選択 PMSサプリの総合1位を獲得 ハーブティーだから、おいしく続けやすい
配合成分量
総合評価 星4個 星3個 星5個 星3個

PMSサプリメントの選び方

どのサプリメントを選ぶにしてもまず第一に考えるべきは、どのような成分が配合されているか?です。

値段の高さで決めるのも一つの選び方ですが、安いサプリメントを購入して改善されないのであれば、購入した意味がなくなってしまいます。

配合成分を見る

PMSサプリメントを色々みて思ったのは、ほとんどPMSサプリメントに「チェストベリー」というハーブが含まれています。

調査によると、2000年にドイツで行われた実験では、1,634人の女性に月経3周期分、チェストベリー40mgを投与し続けた結果、93%の人がPMSなどの症状の改善、消失が確認された結果がありました。

そのため、このページで紹介しているサプリメントにも、チェストベリーが配合されています。

成分以外にも着目する

いろいろサプリメントの配合成分を見てみたりすると感じてくるのですが、どのサプリメントもあんまり配合成分に違いが感じられなかった部分があります。

「どれも似ていて、結局どれが良いのか分からない…」という状態です。

実際に上の表でまとめて紹介した通販で人気の4サプリメントも品質に大きな差はないように感じます。

そこで、次に着目したいのが以下の3点です。

  • 評判・人気の高さ
  • 値段
  • 継続のしやすさ

評判・人気の高さはそれだけつらい生理の改善効果があることの証明になりますし、その点で考えたらPMSサプリの総合ランキングで1位を獲得しているめぐルナが評判・人気の高さも視野に入れると最も良い商品だと思います。

補足しておくと、自然原料にもこだわっていて、合成着色料、添加物の心配もないので、薬みたいに副作用とかの心配がなさそうです。

ただし、そもそもの話として気になるのが「サプリメント」自体に本当に効果があるのかどうかです。

「PMSサプリを使って本当に効果があるの?」
「人によって効果に差があるから自分に合うかわからない」

サプリメントの効果には個人差があるため、「良かった」とする声がある一方で「効果が実感できない」とする声も否定できません。

そのため、はじめてサプリメントを試す方にとってのオススメは、初回料金が500円のPMSサプリ ルナベリーが良いでしょう。

120日間の全額返金保証もついていてるので、リスクを最小限にして、手軽に試すことができます。

手軽に試してみて「効果がない」と感じたらやめるだけなので簡単ですね。

関連記事:ルナベリーを試してみた体験談

生理前の眠気がひどい原因と対処法

生理前になると睡眠時間は足りているはずなのに日中、どうしても眠くなってしまう。

学校や仕事中に眠くて居眠りをしてしまい、生理前は1日中眠くてつらい。

そのような症状がある方は生理前症候群(PMS)かもしれません。

生理前になると異常に眠くなる原因

眠気は生理の周期と密接な関係にあります。

排卵をしてから生理がくるまでの時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなりますが、この女性ホルモンには妊娠をしやすくする働きがあります。

同時に妊娠の為に体を休ませる働きもあるため、生理前の黄体期にある女性が眠気に襲われる原因となります。

自分の眠気が生理前症候群(PMS)によるものである場合、自身の生理周期を把握して排卵~生理の時期に症状が出ているかを確認してみましょう。

>>生理周期を計算する方法

生理前の眠気の対処法

目が覚める食材・飲料

眠気対策には刺激のあるミントのガムや、眠気覚まし効果のある栄養ドリンクなどを活用していきましょう。

ガムはかむことによって脳が刺激されるため、ミントに含まれるメントールの覚醒効果がさらに発揮されます。

昼食後は特に眠気に襲われやすい時間帯でもあるため、この時間帯に合わせてガムを噛むと良いかもしれません。

他にはコーヒーや紅茶なども覚醒物質のカフェインを含んでいるため、生理前の眠気がくる時期におすすめです。

眠気覚ましのツボを押す

親指と人差し指の間

親指と人差し指のあいだの合谷(ごうこく)を押します。

2本の指の骨が接する部分よりもやや指先側の位置を、反対の手の親指をツボに押し当て、人差し指の方向に力を入れます。

頭のてっぺん

頭上を通るように左右の耳を結ぶ線と、鼻筋を伸ばした線が交わる頭のてっぺんに百会というツボがあります。

頭痛や疲れ目にも効果があるツボであり、血行促進を促すことで眠気を解消します。

両手の中指を重ねて、ゆっくりと体の中心に向かっていた過ぎない程度に押すのがポイントです。

サプリメントを使う

PMS(生理前症候群)などの毎月やってくる女性特有の悩みの症状を抱えている女性は8割以上いるとされています。

しかし、PMSの症状があったとしてもそれらは当たり前のことだと考えて何もせずに、我慢して耐えるだけの女性は多いです。

生理症状が出てくる原因は様々ありますが、大元の原因となっているのは女性ホルモンのバランスの乱れです。

女性特有の悩みに特化した成分を含む素材を配合しているサプリメントを使うことで、女性ホルモンのバランスを整えていきます。

関連記事:PMSサプリメントは本当に効果があるの?