1. ホーム
  2. 生理不順
  3. ≫生理周期の乱れ|早い、遅い原因

生理周期の乱れ|早い、遅い原因

生理周期は人によって個人差がありますが、普段の生理周期とは違って生理の間隔が早くなったり、遅くなったりすることがあります。

月経周期は28日前後が一般的とされており、このサイクルから大きく外れている状況を生理不順、月経障害、月経不順などと呼ばれています。

生理不順の種類

生理不順にはさまざまなタイプがあり、生理と生理の間にやってくる期間の長さによって種類が異なっています。

稀発月経

月経周期が39日以上にある場合は稀発月経となります。

この症状があると必ずしも体に異常があるとは限りませんが、周期がさらに伸びたり、基礎体温を測って高温期になる時期がない場合は婦人科での受診をしてみましょう。

稀発月経は無排卵月経の可能性や、排卵はあっても何らかの原因でホルモンが不足している可能性があります。

頻発月経

月経周期が24日以内にある場合は頻発月経となります。

人間の体はロボットではないため、多少の生理周期の乱れはよくあることです。

しかし、24日以内の頻発月経が長引くようになっている場合は至急や卵巣に何か原因が潜んでいることがあります。

多少の乱れはよくあること

10代の女性の場合、性機能が未発達であるために月経周期が乱れやすいと言えます。

また、30代の女性も1週間程度生理周期が長かったり、短かったりしても、それが毎回のことであればあまり心配することはありません。

ただし、今まで普通の範囲で動いていた生理周期の乱れが、最近になってどんどん周期がズレていくといった場合には卵巣や脳下垂体などの機能低下が考えられます。

生理周期が乱れる原因

ストレス

生理周期が乱れる原因として多いものにはストレスが挙げられます。

現代の女性は昔に比べてストレスを感じる機会が多くなっており、ストレスによる体や心の不調に悩まされる女性が増えています。

昔は更年期障害による症状によって生理周期が乱れるとされていましたが、最近は若い20代の女性でもストレスによって生理周期の乱れに悩まされています。

特に働く女性の場合は職場の人間関係がうまくいかなかったり、仕事でがんばっても評価がされないといった仕事関係のストレスを抱えやすく、それが原因で生理周期が乱れます。

また、主婦の場合であっても夫に構ってもらえなかったり、社会から取り残されているような孤独感を覚え、子育ての不安なども重なってストレスを抱えている女性もいます。

月経は女性ホルモンの作用によって起こりますが、このホルモンの分泌をコントロールしているのが脳の中にある視床下部と呼ばれる間脳の一部と、脳の下垂体です。

これらはホルモンの分泌を促す中枢としてだけでなく、感情や自律神経の中枢機能も備えています。

つまり、ストレスなどで脳がダメージを受けてしまうと、ホルモンの分泌にも影響がでてしまい、生理周期が乱れに繋がっていきます。

ここ最近で精神的に何か負担になる出来事がなかったかを思い返してみましょう。

ストレスが長く続くと自律神経を介してあらゆる症状がこころとからだに現れてきます。

極端なダイエット・運動

極端なダイエットを続けることによって、体に負担がかかってしまい、生理周期が乱れることがあります。

また、過激な運動をすることで生理不順を引き起こすこともあります。

女性は年齢を問わず肥満で悩む方が多いため、ダイエットを実践する女性は多いです。

手っ取り早くダイエットをする方法として考えられがちなのが不健康な食事生活をするダイエットです。

いわゆる食事をしない、食事を何回か抜く、といったダイエット方法などは体の健康を損ないながら体重を落とそうとするため、体の不調を招く原因になります。

無理なダイエットは月経の大敵であり、一般的に体重の1割以上を1~2ヶ月で減らした場合に月経が止まることがあります。

不健康なダイエットは月経不順だけでなく、骨粗しょう症や、無月経になってしまうこともあります。

最後に

生理周期の乱れといった月経不順を改善するには、月経前から心身の状態を良好にケアしていくことが大切です。

過激なダイエットやストレスによって自律神経などの体のバランスが崩れ、月経に影響がでてきます。

体質に合わせた食事や、栄養機能食品、サプリメントなどを生活に取り入れることで、心身共にバランスの良い生活をし、乱れたバランスを整えて体のリズムを取り戻していきましょう。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方