1. ホーム
  2. PMS
  3. ≫生理(PMS)で学校や仕事を休むのはダメなことなの?

生理(PMS)で学校や仕事を休むのはダメなことなの?

生理の症状というものは軽い腹痛を感じるだけの人や、動けないほどに酷い腰痛や腹痛に苛まれる人など、人によって症状の重さが異なります。

これらの生理症状は生理がくる前の時期に出てくることがほとんどであり、それらは一般的に月経前症候群(PMS)として考えられています。

生理前の細かな症状は多岐に渡りますが、症状の重さも人それぞれです。

症状の重さというものは本人にしか分からないものであり、どれほど生理前の症状がつらいかどうかを他人に理解してもらうことはなかなか難しい面があります。

本当につらくてしょうがない生理症状に対して、他人から理解のない言葉を受ける女性は少なくありません。

そのような状況でも生理の症状が辛く、学校や仕事に行くこともままならない時、休むことは許されるものなのでしょうか。

生理で学校や仕事を休むのは平気?

生理を理由にして学校や仕事を休むことについては、法律で守られている部分があります。

労働基準法では

労働基準法 第68条

使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない。

と定められています。

つまり、生理で会社に勤務できないほどに辛い症状があり、女性社員がその申し出をしてきたときは、会社はその女性を働かせてはいけない決まりとなっています。

ただし、生理休暇は就業が著しく困難な場合にに限られているため、多少の生理症状では認められないことになっています。

しかし、生理症状というものは男性女性に限らず、本人にしか症状の重さが理解できないものです。

それを判断する術は会社側にはないため、生理休暇を安易に利用して休むといった問題がしばしば挙げられます。

そのため、生理休暇によって仕事を休む場合は基本的に無給となる会社が多いです。

実際は休めないのが現状

いくら労働基準法で生理休暇を取ることができるとしても、実際のところは生理がつらくてもなかなか休むことができないのが現状です。

学生であれば生理で学校を休んでも、基本的に周囲の人に迷惑がかかることは少ないですが、会社となると難しくなってきます。

さらに、男性は女性の生理に関する知識を持ち合わせていないことがほとんどであり、「生理で休む」という理由は理解されないことが多いです。

また、生理症状が軽い女性からも生理で休むことに理解がないことがあり、「自己管理がなっていない」として片づけられてしまうことがあります。

日本では「生理で休む」という考えは甘えであり、厳しい視線を浴びる傾向にあります。

生理に対して理解のある上司、職場環境であれば良いですが、全ての会社、職場でそのような理解があるとは限りません。

関連記事:生理で会社を休みがちだった私のPMS改善の体験談

生理で休むのが甘えだと捉えられてしまう理由

「生理症状で休むのは甘えだ」と考えている人の多くは忍耐力のなさ、自己管理能力のなさを感じています。

「本当は会社に行きたくないから、生理を理由にしているんだろう」

「なぜ生理の症状を改善しようとしないのだ」

といったものです。

会社に行きたくないという考えから生理症状を盾にして会社を休む人は「甘え」であると考えられても仕方ありません。

しかし、本当に生理で動けないほどに症状が重く、出勤できない人がいるのも事実です。

ところが、「生理で会社を休む」と聞いた人の立場からすると、これらの違いを判断する術がありません。

生理で休みたいけど休めない状況にある時は

「本当に生理がつらくて会社を休みたいけど、そんなこと言えない・・・」

そんな状況にあるときは、上司や職場の人に対して、生理に対する考えを改めてもらったり、そのような人に対して自身の状況を理解をしてもらう、伝える必要があるかもしれません。

生理というものはデリケートな部分の話であるため、そのような話はできない人も中にはいるでしょう。しかし、男性は生理に関する知識を全く持っていないことが多いです。

 

デリケートな話をするのは難しい場合は、仕事に対する姿勢をきちんとする必要があります。

「生理で休む」ことに対して疑問を抱く多くの人は、休む理由だけを見てそのように感じているのではなく、休む人自身も見て判断しています。

日頃から真面目に仕事に取組み、勤勉な姿勢で仕事をしている人が「生理で休む」と言うのと、普段から遅刻や何らかの理由で欠勤をするような人が言うのとでは説得力や信憑性が違ってきます。

どうしても生理症状を緩和することができず、仕方なく会社を休まざるを得ない人は、会社からの信用を得るために日頃の行動に気を遣っておく必要があります。

 

また、会社を休むほどに生理症状が酷いということは、日常生活に支障をきたすほどの症状であるということです。

しっかりと病院に行き、診察を受けて、自身がどういう状況にあるのかを把握することも大切です。

病院で専門的な知識を有している人に診てもらってすらいないのに、「生理がひどい」だけで休むのは症状を改善する努力をしていないと考えられてしまいます。

ただの生理症状だと思っていたものが、実は子宮筋腫や子宮内膜症だった…といったケースも考えられます。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方