1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前の食欲が止まらない原因と抑える方法|ピルを飲むと太る?

生理前の食欲が止まらない原因と抑える方法|ピルを飲むと太る?

生理前になるとホルモンバランスが大きく変化し、体に何らかの症状が出てきたり、心が不安定になる女性が増えます。

それらの症状が出てくる女性のほとんどは月経前症候群(PMS)が考えられ、その症状のうちの1つである食欲の増減が気になる女性は多いです。

生理前に食欲が止まらない原因

生理前に食欲が増してしまうのには女性ホルモンの分泌が関係しています。

排卵してから生理がくるまでの生理前の時期はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなります。

プロゲステロンは妊娠において欠かせないホルモンですが、一方で水分の代謝が落ちて体にむくみの症状が現れたり、便秘や精神的に不安定になってイライラもします。

その結果、食欲が止まらない過食、体重増加に繋がっていってしまいます。

「やけ食い」といった言葉があるように、ストレスから過食になる女性は少なくありません。

しかし、食事をすることによってストレスが解消されるのであれば、決して悪いことではありません。

「生理前は食欲が増しやすいだけだから」と考えて食事を我慢してしまうとそれがさらにストレスとなって、体の状態が悪くなってしまう事もあります。

ただし、毎回のように生理前の時期にやけ食いを行うようになってしまうと、拒食症や過食症といった食欲のコントロールがきかなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

食べ過ぎたことに罪悪感を覚えて、食べたものを無理やり吐き出したり、下剤を飲んで出そうとする異常行為に走ってしまうケースがあります。

食べ過ぎた時は食後にウーロン茶

食べ過ぎたと思ったときや、脂っこいものを食べた時は、胃腸の働きを整えて肥満を防ぐ働きのあるウーロン茶を食後に飲むと良いです。

食欲を抑える対処法

ピルを服用する

生理前の食欲増進は女性ホルモンの分泌と関係しているため、月経前症候群(PMS)によって過食に走ってしまう人は低用量ピルでホルモン状態を安定させると改善できるケースがあります。

低用量ピルは女性ホルモンの分泌を人工的にコントロールできる薬です。

ストレスや不規則な生活リズムなどによってホルモンバランスが乱れてしまっている人には効果的です。

>>低用量ピルって?よくある不安やQ&A

 

ハーブ・アロマでストレスを解消する

ストレスやイライラが食欲の増進に繋がっている場合、その根本となるストレスやイライラの問題を解消することが食欲過多の解消に繋がります。

自身で工夫をしてできる限りイライラしない環境をつくることで、過食を抑えていきましょう。

ハーブやアロマにはリラックス効果やイライラを抑える効果があるため、太りやすい人は過食を抑えるためにこれらを活用していくのも一つの手です。

腰湯・半身浴なども取り入れていくことで、更なるリラックス効果が見込まれ、精神状態が良くなります。

サプリメントを使う

最近では女性特有の悩みを改善するサプリメントが登場してきています。

ハーブなどの原材料を使用して作られたサプリメントは体のあらゆる生理症状から、イライラなどの心の症状まで効果があるとされ、イライラの改善によって食欲コントロールを図っていきます。

毎月の体の不調を意識的に改善しようとする女性は少ないですが、女性特有の症状は一生の付き合いです。

それらの症状を一生ただ何もせず耐えて生活し続けるのと、改善策を講じてみて女性特有の悩みをケアしていくのとでは負担が大きく異なってきます。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする