1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前に胸が張る、痛みの原因|しこりもあると乳がんが不安

生理前に胸が張る、痛みの原因|しこりもあると乳がんが不安

生理前になると胸の張り、痛み、乳房にしこりができることがあります。

生理前の胸の痛みはチクチクするものから、鈍痛、激痛、圧迫されるような痛みなど、人によってさまざまです。

生理前のしこりと胸の痛み、張りの原因

生理(月経)前になるとしこりができたり、痛み、張りができる原因の多くは女性ホルモンが関係しています。

女性ホルモンのうちの一つである黄体ホルモンは排卵してから生理がくるまでの時期に分泌量が増えます。

黄体ホルモンの分泌が増えると乳房の組織が発達するため、それによって胸のしこりや、痛み、張りを感じるようになります。

生理前の時期に乳房が張ったり、痛み、しこりができても、生理がきてしまえば症状が消える場合は、月経前症候群(PMS)の症状とも言える乳腺症であると考えられます。

乳腺症とは

乳腺症はしこりができて、生理前になると痛むのが特徴です。

30代、40代の方にこの症状は多くみられ、乳腺の病気の代表格です。

しこりの大きさや形は大小さまざまで、片方にできたり、両側、あるいは複数のしこりができることもあります。

乳房の張りや痛みを伴うこともあり、触ってみると周囲との境界がはっきりせずに、弾力性のある塊を感じます。

これらの症状は生理周期に関連しており、生理前になると痛みだし、生理がくると痛みが治まっていきます。

また、乳頭から透明、または血の混じった分泌物や乳汁が出てくることがあります。

乳腺症であれば特別な治療の必要はない

乳房に違和感を感じた時は外科を訪ねてみましょう。

触診、マンモグラフィー、超音波検査などを受け、しこりの種類を確定することが大切です。

しこり部分の細胞を直接とる検査「細胞診」によって、両性の腫瘍か、悪性(ガン)であるかを診断します。

しこりの原因が乳腺症であるものと分かれば特別な治療の必要はありませんが、ホルモンバランスの乱れによって痛みなどが悪化することが懸念されます。

生理によって胸の痛みが生じている場合は低用量ピルやサプリメントなどが用いられています。

ピルは避妊としての使い道だけでなく、月経前症候群(PMS)や、乳腺症の症状を緩和してくれるケースがあり、サプリメントは近年はじめやすいPMS対策として使用する人が増えてきています。

しかし、しこりが消えない場合は、他の病気を疑う必要が出てきます。

乳房にしこりや痛みがある病気

乳がん

しこりが生理前だけでなく消えずに残っている場合は悪性腫瘍の乳がんである可能性があります。

乳がんのしこりは硬いものが多く、手でさわると石のような冷たい感覚を覚えます。

乳腺の両性のしこりは表面がすべすべしていますが、乳がんの場合は表面んがでこぼこしていたり、周囲との境界がはっきりせずに、根が張ったように動かないのが特徴的です。

初期の乳がんの押しても痛みを感じない傾向にあります。

乳房のしこりというものは触っただけでは、悪性か良性かを正確に判断することはできず、乳腺症か乳がんかを見極めるためには病院で精度の高い検査を受ける必要があります。

自分で判断することは難しいため、気になるしこりがある場合には早めの受診をおすすめします。

 

乳腺線維腺腫

乳腺線維腺腫は乳腺症と同様に、両性の腫瘍で思春期から20代の女性に多くみられます。

乳腺線維腺腫の症状は乳房に円形で平らな硬いしこりができるのが特徴です。

しこりを触ってみるとコロコロと動き回り、乳腺症とは違い境界線がはっきりしています。

しこりの大きさは人によって大豆サイズからじゃがいもサイズまであります。押しても痛みを感じることはほとんどなく、同時に数個できるケースもあります。

乳腺線維腫は良性の腫瘍であることから小さいしこりは治療をせずに定期的な診察で経過を見ます。

しかし、急にしこりが大きくなったり、徐々に大きくなっていく場合は腫瘍を摘出することがあります。

 

乳腺嚢胞症

乳腺嚢胞症(にゅうせんのうほうしょう)でもしこりができます。

丸くて押すとやや柔らかいしこりが特徴で、乳頭から分泌物が出ることもあります。

乳腺嚢胞症も良性のしこりになるため、乳腺症や乳腺線維腫と同様に小さなしこりは経過観察、大きいしこりは穿刺吸引などを行います。

 

最後に

乳房の痛みやしこりが残り続け、不安を感じる場合は自己判断で完結せずに病院でしっかりと精密な検査を受けることが大切です。

検査を受けることが億劫に感じてしまう方もいますが、検査を受けないで日々不安を抱えながら生活を送るのも大変です。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする