1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前の下痢と便秘の原因と対処法|薬で解消できる?

生理前の下痢と便秘の原因と対処法|薬で解消できる?

生理前になると毎回、下痢や便秘の症状が出てくる。

1週間に1度程度しかお通じがない、すぐに下痢をしてしまう、便秘と下痢を交互に繰り返してしまう。

このような症状に悩む方は多いですが、日常的に感じる症状であることから何もせずに放置している方が多いです。

腸の状態の悪さは体全体の体調に影響し、倦怠感や疲れやすさなどもでてきます。

日頃の生活を快適に過ごすためにも、下痢や便秘の症状の改善は重要なことです。

下痢・便秘の原因

生理前は下痢・便秘の症状が出やすい

腸の働きと女性ホルモンは非常に密接な関係にあります。

排卵から生理までの生理前(月経前)の期間は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。

黄体ホルモンには子宮の収縮を抑えたり、水分を体に溜め込む働きがあるため、腸の運動が抑えられたり、便の水分が足りなくなる傾向にあります。

他にも生理前に体のむくみなどの症状が出る方も、この黄体ホルモンの分泌が原因となっています。

これによって腸管筋肉などが弱まり、便秘をしやすくなってしまいます。

その後、生理が始まって腸の運動が正常に戻ると、プロスタグランジンという生理痛の原因となる物質が放出され、腸が急に刺激されて動かされると下痢を起こしやすくなってしまいます。

便秘と下痢の症状は連動して引き起こされやすい症状であり、さらには腹痛も引き起こしてしまいがちです。

生理前にこのような症状が引き起こされる病気をPMS(生理前症候群)と呼ぶこともあります。

暴飲暴食や緊張ストレスが原因になることも

便秘や下痢になる人の多くは暴飲暴食をしたり、体を冷やし過ぎたことが原因になります。

朝食を抜いていたり、腸を刺激する辛い食べ物の食べ過ぎなどによって便秘や下痢は引き起こされます。

他にも日頃のストレスや、何らかの心の負担による精神的なストレスによって症状が出てくることもあります。

便秘と下痢を交互に繰り返す場合は過敏性腸症候群というストレスからくる病気の可能性も考えられます。

病気が隠れ潜んでいることも

便秘と下痢の症状が出る原因には病気が潜んでいることもあります。

現代の女性は時代の変化や少子高齢化によって、生理(月経)の回数が全体的に増えてきています。

それに伴って、女性特有の病気である子宮筋腫や子宮内膜症に罹る女性も増えています。

病気が原因で便秘や下痢の症状が続くこともある為、医師の方に一度診てもらうと安心です。

>>子宮内膜症・子宮筋腫の症状・診断セルフチェック

下痢に関しては飲み過ぎや食べ過ぎなど、自身の行動が分かりやすく下痢の症状に現れることが多いため、まずは原因を考えてみると良いでしょう。

下痢・便秘の解消、対処法

薬による症状の改善

女性ホルモンや精神的なストレスなどが原因にある場合、正露丸などの一般的なお腹の薬は効かないのではないかと不安になることがありますが、正露丸は腸内の水分量を調節して過剰な下痢などを抑制してくれる働きがあります。

生理前の症状であったとしても基本的にお腹に起きているトラブル作用には共通している点があるため、一般的なお腹のお薬でも効き目があります。(服用する薬の効用や注意点には目を通しておきましょう)

他にも生理前の症状には低用量ピルやサプリメントが用いられています。

関連記事:PMSサプリメントは本当に効果があるの?

下痢・便秘には適度な運動を

腹筋の力が弱いことによって便を上手く排出できないことがあります。

そのため、運動によって腹筋を鍛えることは便秘の解消に繋がります。

さらに体を適度に動かすことによって腸の活動が活発になりやすく、ストレスの発散や体力作りにもなることで、下痢を防止する効果も期待されます。

仰向けに寝て状態を起こす腹筋運動や、体をひねる運動、ウォーキングなど、手軽にできる腹筋運動を心掛けると良いでしょう。

食生活を改善する

野菜、果物などの食物繊維が豊富な食物を摂取していくことで、腸の働きが良くなって便秘解消だけでなく、便秘の予防にもなります。

また、朝食をきちんと摂るようにすることで朝、腸に刺激を与えて活動をさせるのも大切なことです

便秘対策には起きた時に水や牛乳を飲むのも効果的です。

ダイエットをしているからといって朝を抜いたりするのは健康なダイエットではありません。

水分をしっかりとる

水分が足りないことで便秘になってしまう人は多いです。

食品から採れる水分以外にも1日1,500ml程度の水が飲めると良いでしょう。

下痢をしている人にとっても水分の摂取は大切です。

下痢によって多くの水分が失われてしまうため、水分だけはしっかりと摂取しておき、固形物はなるべく控えて胃腸を休ませてあげましょう。

ただし、水分の摂り過ぎによって体内で吸収しきれずに下痢になってしまうこともあるため、飲み過ぎには注意が必要です。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする