1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前でむくみがひどい時の解消法|体重増加もこれで回避!

生理前でむくみがひどい時の解消法|体重増加もこれで回避!

生理前や生理になると体のむくみに悩まされることがあります。

生理がくるのは体の仕組みだから仕方がないとしても、体のむくみは見た目にも表れてしまう症状であることから厄介です。

「ああ、生理がもうすぐくる・・・」と感じさせられる体のむくみは顔や足だけでなく、体全体に現れることもあり、そんな日に大切な用事があった時は気分まで落ち込んでしまいます。

なぜ生理で体がむくむの?原因とメカニズム

生理によって身体がむくんでしまう要因は一つとは限らず、大まかに二つ物質によって生理による体のむくみ症状が引き起こされてきます。

生理前や生理中に体がむくんでしまう原因には女性ホルモンの分泌液が関係しています。

女性ホルモンには新陳代謝を促進させて血管を強くさせるエストロゲンと、妊娠率をあげて体温を上昇させるプロゲステロンという物質が含まれています。

生理前のむくみ

排卵してから生理がくるまでの生理前の時期はプロゲステロンの分泌が多くなります。

この時期を黄体期と呼び、一般的に女性の体にあらゆる症状が出てくる時期です。

>>女性の8割以上が経験していた?生理前の月経前症候群(PMS)

生理前に体がむくんでしまう人はプロゲステロンの分泌が増えることによって、水分が体内に残ってしまい、体外に水分が排出がされにくい状態になっています。

プロゲステロンは生理前に分泌量が多くなり、生理の時期になると分泌量が急激に減っていく傾向にあるため、生理前に体のむくみを感じる方はプロゲステロンの分泌量が増えることによるむくみであると考えられます。

生理中やその他のむくみ

生理中はプロゲステロンの分泌量が減ることによって、生理前に比べて体温が下がる為に全身の血行の流れが悪くなります。

血行の流れが悪くなると必然的に新陳代謝も下がっていくことから、生理前のむくみと同じく体内の水分が排出されにくくなってしまいます。

年齢を重ねるごとに新陳代謝は少しずつ低下するため、体内の循環が悪くなると大量の水分が本来は必要としないところに溜まってしまうことがあります。

細胞内に必要な水が十分にるときは、肌がツヤツヤでピンと張っていますが、むくんでいる時期は細胞外に水が多く、細胞内には必要な水分が入っていない状態です。

この状態になってしまうと、体内の水分が無駄に多くてむくんでいるのにも関わらず、細胞内に水分がないことから肌が脱水症状を起こしてカサカサとした乾燥肌になってしまいます。

生理のむくみ解消

どのようなむくみにも共通していることは水分の排出がうまくできずに、血流の流れも悪くなってしまうことです。

むくみの解消をするにはむくんでいる部位のマッサージするといった直接的な方法もありますが、運動などで血流の流れを促進したり、体内の余計な水分を排出することでむくみの改善に繋がっていきます。

水分をとらないはNG

むくむからといって水分をとらないのは逆効果になります。

体のむくみは体内の必要な場所に水分がない状態であり、多くにむくみの原因は体内の水分が多すぎることではありません。

体がむくんでいる時こそ、ミネラルが豊富な水分をしっかりと摂取して細胞内に水分を行き渡らせることが大切です。

水分を制限してしまうと血液がドロドロになってしまい、体の状態が悪くなってしまいます。

不必要な汗は排出する

むくみの原因となっている不必要な水分を排出するためには汗をかくことが重要です。

運動

汗をかくためにはやはり運動が挙げられます。

運動をすることによって血流の流れが促進され、汗によって不要な水分も体外に排出されていきます。

入浴

手っ取り早く楽に汗をかきたい場合は、半身浴や腰湯といった入浴がおすすめです。

いつもより長めの半身浴でゆっくりとリラックスしてじっくりと汗を出すことで神経を休めることもできます。

特に生理前の症状でむくみが出ている方は精神的なストレスによってむくみの症状が引き起こされていることもあるため、リラックスできる環境は重要です。

深呼吸

他には深呼吸をするのもひとつの手です。

肺の周辺にある胸部の筋肉は大きいため、深呼吸をするだけでも呼吸筋が動き、血行改善や運動になります。

利尿作用のあるものを摂取する

汗をかくことで水分を排出する方法の他には利尿作用のあるお茶などを飲むと良いです。

アロマオイルも利尿作用に優れたものがあるため、入浴+アロマオイルといった方法も効果的です。

さらに脚や腕の血液を心臓に戻すようにゆっくりとマッサージすれば尚良しです。

生理周期によるむくみは休養のサイン

女性ホルモンの分泌量の関係でむくみの症状がでてくる方は体が「休みたい」といっている証拠です。

むくみには直接的なマッサージによる解消も良いですが、睡眠を十分にとることが大切です。

塩分は控えめに

生理前のプロゲステロンの分泌が多い時期は最も体がむくみやすいです。

塩辛い食事を割けて腹八分目にすることで消化器系を休めます。

腎臓や肝臓の働きを高めることがむくみの対策に繋がっていきます。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする