1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前のイライラがひどいときの対処法

生理前のイライラがひどいときの対処法

生理前になると心が不安定になり、活動する気力がなくなったり、イライラして人に八つ当たりする、落ち込んでうつ状態になってしまう。

あとで後悔しても生理前のときは自分を抑えられずに情緒不安定になってしまう。

関係が近い彼氏などと喧嘩をするのは実はいつも生理前だったりすることも。

このような状態が続くと自分に対して苛立ちを覚えたり、自信を失ってしまいます。

生理前にイライラする原因

女性の場合、生理前にイライラする原因の多くは生理前症候群(PMS)です。

PMSは生理の2週間ほど前からイライラや気力がなくなる心の症状や、腰やお腹が痛くなる、むくみ、頭痛などといった身体的な症状などが出てきます。

PMSの症状が引き起こされる原因には女性ホルモンが関係しており、女性は定期的にやってくる生理のサイクルに精神状態が左右されやすいです。

特に生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなることがあらゆる症状の原因として考えられています。

生理前のイライラを解消するには

神経に刺激を与えないようにする

心の状態が不安定なときは神経に刺激を与える行動や食べ物は控えるようにしましょう。

神経に強い刺激を与えるタバコやコーヒーなどのカフェインの摂取はできるだけ避けましょう。

また、甘いものの食べ過ぎにも注意が必要です。

甘いものは体を疲れさせ、血糖値の急激なアップダウンは精神状態をより不安定にしてしまいます。

ピルを服用する

生理前のイライラや不安などの症状を解消するためにはホルモンの分泌量の変動をできるだけ抑え、一定にする必要があります。

女性ホルモンの分泌をコントロールするためには低用量ピルが用いられています。

低用量ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを含む薬であり、ピルによってホルモンバランスをコントロールします。

薬で女性ホルモンのバランスをコントロールすることに抵抗を感じる方もいますが、昔に比べて現代の女性の生活は変化しており、ストレスの多い社会や、妊娠・出産の回数の減少などによって自然のままに任せておくと生理の症状がつらくなってしまう女性が多くいます。

世の中や生活環境が変化したことによって昔はなかったトラブルや不快症状をピルによって上手にコントロールしていくことは知恵のある現代女性としては自然なことであるとも考えられます。

>>低用量ピルのQ&A|ピルのメリットや飲み始めの副作用

サプリメントを取り入れる

生理前症状(PMS)を解消するために必要とされる栄養はビタミン、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンなどさまざまあります。

それらの栄養を毎日意識して食事をするのは困難であるため、女性に必要不可欠な栄養素がバランスよく配合されている栄養機能食品を日々の生活の中に取り入れます。

生理前のイライラといった心の不安定だけでなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルに悩む女性用に開発された栄養機能食品を取り入れる女性は年々増加しています。

最後に

生理前の心の不安定さを改善するためにはPMSを改善する必要があります。

PMSの症状は女性ホルモンの分泌が関係していますが、その女性ホルモンのバランスの乱れを引き起こす原因は日頃の生活リズムや食事、運動などが絡んでいます。

健康的な生活を送ることがPMSの症状を改善する一歩になります。

関連記事:PMSサプリメントは本当に効果があるの?

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする