1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前の肌荒れを治す方法|吹き出物やニキビができてしまう

生理前の肌荒れを治す方法|吹き出物やニキビができてしまう

生理前は額や頬、小鼻、あごなどに吹き出物やニキビといった肌荒れ症状が出てきます。

生理前にこれらの症状が出てくる人の多くはPMS(生理前症候群)の一症状であると考えられます。

PMS(生理前症候群)は心の症状や体の痛みを伴う症状は他人から分かりにくい症状ですが、肌荒れや吹き出物(ニキビ)は外見に出てしまう症状であることから、気になってしまいます。

生理前の肌荒れ・吹き出物の原因

肌はからだの中で最も面積が広い分、からだの状態がよくあらわれる部分です。

ストレスや疲れ、悩みごと、食事の栄養バランスの悪さによって体調が悪化するとホルモンバランスが乱れてすぐに肌に症状がでてきます。

肌の調子が悪い時は体内の調子も悪いことを意味し、ニキビや吹き出物ができる場所によって原因が異なってきます。

特に女性の肌は卵巣や子宮からの影響を受けやすく、女性ホルモンによって卵巣や子宮の調子が変化したときにニキビや吹き出物がでてきます。

PMS(生理前症候群)の症状として吹き出物が出てくる人は一般的にあごや口のまわりに症状がでてきます。

これは排卵後から生理前にかけて分泌量が増加するプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係しています。

プロゲステロンは赤ちゃんを妊娠する為の準備を促進させてくれるホルモンであり、子宮内膜の肥厚や、妊娠持続作用がありますが、生理前のあらゆる症状を引き起こす原因にもなっています。

 

また、思春期の女性は男性ホルモンの活性や、女性ホルモンの分泌が安定しにくいことからニキビができやすい時期になります。

20代以降になってくると卵巣や子宮の成熟と共にニキビや肌は自然とキレイになっていきますが、それでもニキビや吹き出物ができてしまう原因には、女性ホルモンの分泌がアンバランスになっていることが挙げられます。

 

生理前の肌荒れ・吹き出物を治すには

体の冷えと血流の流れに注意

生理前に肌荒れや吹き出物がでてきてしまう場合、生理前の冷えや血液の滞りには注意を払いましょう。

体の冷えや血液の循環の悪さは胃腸の働きを低下を招き、吹き出物となってあらわれてきます。

女性ホルモンを安定させる

女性ホルモンのバランスが良くなると自然と吹き出物などの肌荒れ症状は自然と治まってきます。

女性ホルモンは生活リズムの乱れや、睡眠の質、食事の栄養バランス、ストレスによって簡単に調子が良くも悪くもなります。

水分補給をしっかりする

水が不足している人は皮膚がカサカサになってしまいやすく、とくに口の中が乾燥しています。

肌荒れや肌のくすみが気になる時には水分補給に合わせて、はと麦茶などがおすすめです。

老化した皮膚細胞を分解してくれる作用があることから、カサカサになっている肌にうるおいを与えてくれます。

ストレスをためない、発散する

肌トラブルの原因にはストレスが関係していることが多いです。

ストレスがたまると血液の循環が悪くなってしまうため、ホルモンバランスが乱れて吹き出物の原因となります。

日頃のストレスなどはためないように工夫をしたり、自分なりのストレス発散をして精神状態を良くしておきましょう。

サプリメントを摂取する

肌荒れ症状などを緩和させるためには栄養のある食事や、睡眠といった健康的な生活を送ること必要です。

しかし、それらを補うために肌荒れなどの症状に良い栄養を考えたり、食材を揃えるのは大変です。

そこでPMS(月経前症候群)の対策としても手軽に効果的なサプリメントを摂取していくことによって症状を改善していきます。

>>PMSサプリメントは本当に効果があるの?

低用量ピルを服用して生理前の症状を緩和する方法もありますが、副作用などに不安を感じる人が多く、薬ではないサプリメントに挑戦する女性は多くなってきています。

サプリメントは基本的に普段口にしている素材を原料として使用して作られており、PMS用のサプリメントは女性ホルモンのバランスを整える成分が含まれています。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする