1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前の眠気がひどい原因と対処法

生理前の眠気がひどい原因と対処法

生理前になると睡眠時間は足りているはずなのに日中、どうしても眠くなってしまう。

学校や仕事中に眠くて居眠りをしてしまい、生理前は1日中眠くてつらい。

そのような症状がある方は生理前症候群(PMS)かもしれません。

生理前になると異常に眠くなる原因

眠気は生理の周期と密接な関係にあります。

排卵をしてから生理がくるまでの時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなりますが、この女性ホルモンには妊娠をしやすくする働きがあります。

同時に妊娠の為に体を休ませる働きもあるため、生理前の黄体期にある女性が眠気に襲われる原因となります。

自分の眠気が生理前症候群(PMS)によるものである場合、自身の生理周期を把握して排卵~生理の時期に症状が出ているかを確認してみましょう。

>>生理周期を計算する方法

生理前の眠気の対処法

目が覚める食材・飲料

眠気対策には刺激のあるミントのガムや、眠気覚まし効果のある栄養ドリンクなどを活用していきましょう。

ガムはかむことによって脳が刺激されるため、ミントに含まれるメントールの覚醒効果がさらに発揮されます。

昼食後は特に眠気に襲われやすい時間帯でもあるため、この時間帯に合わせてガムを噛むと良いかもしれません。

他にはコーヒーや紅茶なども覚醒物質のカフェインを含んでいるため、生理前の眠気がくる時期におすすめです。

眠気覚ましのツボを押す

親指と人差し指の間

親指と人差し指のあいだの合谷(ごうこく)を押します。

2本の指の骨が接する部分よりもやや指先側の位置を、反対の手の親指をツボに押し当て、人差し指の方向に力を入れます。

頭のてっぺん

頭上を通るように左右の耳を結ぶ線と、鼻筋を伸ばした線が交わる頭のてっぺんに百会というツボがあります。

頭痛や疲れ目にも効果があるツボであり、血行促進を促すことで眠気を解消します。

両手の中指を重ねて、ゆっくりと体の中心に向かっていた過ぎない程度に押すのがポイントです。

サプリメントを使う

PMS(生理前症候群)などの毎月やってくる女性特有の悩みの症状を抱えている女性は8割以上いるとされています。

しかし、PMSの症状があったとしてもそれらは当たり前のことだと考えて何もせずに、我慢して耐えるだけの女性は多いです。

生理症状が出てくる原因は様々ありますが、大元の原因となっているのは女性ホルモンのバランスの乱れです。

女性特有の悩みに特化した成分を含む素材を配合しているサプリメントを使うことで、女性ホルモンのバランスを整えていきます。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする