1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理前の腹痛の原因と対処法|下痢と便秘に関係も

生理前の腹痛の原因と対処法|下痢と便秘に関係も

生理前の腹痛には夜眠ることすら困難なほどの痛みを感じる人もいれば、

鈍く重苦しい鈍痛を感じる人、脚の付け根にまで痛みを感じる人など、人によって症状に個人差があります。

生理前の腹痛の原因

生理前に腹痛が引き起こされる原因には生理的な骨盤痛が挙げられます。

女性の骨盤内には腸や膀胱などの内臓の臓器に加えて、子宮や卵巣など、たくさんの臓器がひしめき合っている場所になります。

男性に比べると循環が悪くなりやすいと言え、女性の骨盤内は血液がうっ血しやすい構造になっています。

生理前は女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期であり、便秘や下痢を起こしてしまったり、筋肉が緊張してかたくなってしまうと、腹部が痛みだします。

生理的な症状であるために病院で検査をしても病気が発見されず、原因が分からないことが多いのが生理による腹痛です。

生理的な腹痛はしばらくして治るものであれば問題ありません。

腹痛が思わぬ病気であることも

生理的な腹痛だと思っていた症状が実は

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫

などといった子宮の病気であることがあります。

昔に比べてこれらの生理・腹痛に関する病気は増えている傾向にあり、若い人でもかかりやすい病気とされてきています。

ただし、腹痛のほとんどはMRIやCT検査をしても何も見つからないことが多いのが腹痛の特徴であるとも言えます。

>>子宮内膜症・子宮筋腫の診断・症状セルフチェック

腹痛がひどい時の対処法

安静にしてれば治るものだと分かっていたとしても、痛いものは痛いです。

痛いときは無理せず鎮痛剤を服用しましょう。

痛みは我慢しているとどんどん増強していってしまう為、面倒な痛みになる前に鎮痛剤を飲んでおけば、痛みも弱くなっていきます。

それでも鎮痛剤を飲んだからといって、体にムチを打つような活発な活動はしないようにしましょう。

低用量ピルやサプリメントを使う

低用量ピルを服用して女性ホルモンのバランスを整える手段もあります。

一般的にピルは経口避妊薬として使用されているイメージを持っている方が多いですが、低用量ピルは女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きがある為、骨盤内のうっ血が解消されて痛みがなくなることが期待されます。

また、気軽に始めやすいとして、PMSを改善するサプリメントを使用する方も近年は増加傾向にあります。

関連記事:PMSサプリメントは本当に効果があるの?

便秘と下痢は腹痛に繋がる

おなかたの筋肉が堅くなりやすい体質の方は便秘になると腹痛の症状も起こしてしまいがちです。

また、健康のため、血液をサラサラに保つために水分補給を意識し過ぎるとお腹が冷えて便秘や下痢の原因になってしまうこともあります。

少し意識を変えるだけで便秘や下痢は解消され、それに伴って腹痛の症状がなくなることもあります。

ストレスを抱え過ぎないで

生理前症候群(PMS)の方は日常生活の中で何か重い負担を抱えていたり、強いストレスを感じていることによって症状が引き起こされているケースがあります。

症状が軽いうちはストレス解消の気分転換に体を軽く動かしてリフレッシュする機会を自分に設けてみると、腹痛などの症状改善に繋がるかもしれません。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする