1. ホーム
  2. 生理の症状
  3. ≫生理で吐き気や嘔吐を感じる原因と対処法

生理で吐き気や嘔吐を感じる原因と対処法

生理の時期が来るたびに吐き気や嘔吐を感じる女性は少なくありません。

一般的に吐き気や嘔吐の症状が引き起こされる原因は消化器系のどこかで食べたものの通貨を妨げるものがあることで胃の中のものを吐き出してしまったり、食中毒になった場合です。

しかし、それ以外にも吐き気や嘔吐の症状を感じることがあり、その一つに生理によって吐き気や嘔吐の症状が引き起こされるというものです。

生理で吐き気・嘔吐するのはなぜ?

女性は生理の時期になるとプロスタグランジンという女性ホルモンの分泌がされます。

プロスタグランジンは様々な生理活動に欠かせないものであり、血圧低下作用や筋肉の収縮、血管拡張作用などといった体の至る場所で必要とされるホルモンです。

ところがプロスタグランジンは生理痛に悩む女性の敵でもあります。

プロスタグランジンの分泌量が多すぎると、生理痛の症状がひどくなり、頭痛、腹痛、腰痛、だるさなどといった体調不良の悪化を招きます。

さらに、その症状の中には吐き気も含まれています。

子宮の収縮作用が吐き気の原因

プロスタグランジンには子宮内の経血を体外へ排出させる働きがありますが、他にも胃を収縮させる働きも持っています。

つまり、ホルモンの過剰分泌が行われてしまうと、それに伴って胃の収縮が強くなり、胃の痛みや吐き気が引き起こされてしまいます。

同時に、子宮の収縮も強くなっているため、吐き気を感じる女性は生理痛によるお腹の痛みも感じている方は少なくありません。

生理によって腹痛を感じる原因となるプロスタグランジンは、吐き気の症状を引き起こす要因にもなり得るのです。

生理症状の吐き気・嘔吐の改善方法

生理中の吐き気や嘔吐しそうになる症状に対する対処法としては、プロスタグランジンの過剰分泌を防ぐことが重要となってきます。

腰とお腹を温める

実は生理で悩むほとんどの症状は体の冷えによって悪化しています。

生理症状がつらい時は下腹部と仙骨(腰の中央から肛門の上あたりまでの三角の平たい骨)を中心に温めていきましょう。

下腹部と仙骨が位置する場所は子宮にもっとも近い場所であり、ここに衣服やカイロなどで温めてあげると骨盤内の血行が良くなります。

生理症状は血行の悪さによってさらに酷くなるため、骨盤内の血行をよくしてあげることが症状の緩和に繋がっていきます。

また、締め付けの強い衣服を着て座りっぱなしの仕事をしていたりすると、血行が悪くなる為、当然症状が悪化します。

普段の生活の中でお腹や腰回りの血行が悪くなりがちな方は、それらを改善してみることで吐き気や嘔吐の症状だけでなく、そのほかの生理症状も緩和されていくことが見込まれます。

体の緊張をゆるめる

生理症状には腰回りを楽にしてあげることも大切です。

ひざを曲げた状態で横になるとお腹周りの筋肉がゆるむため、骨盤内の毛細血管が開いて血流が良くなります。

体が温まる飲み物を飲む

生理症状には体を温めることが大切であり、手っ取り早く体を温めるには温かい飲み物が良いでしょう。

体の内側から温めることができるため、子宮の血行が良くなります。

ただし、コーヒーなどのカフェイン類は血管を収縮させる作用があるため、冷えの基になり逆効果です。

普段からコーヒーなどのカフェイン類を摂取していて、生理症状に悩んでいる方はカフェインの作用によって症状が酷くなっているケースもあります。

生活習慣を見直す

生理の症状が酷い方は生活習慣が乱れていることで自律神経に影響を与えていたり、栄養バランスの悪い食事などが関係していることがあります。

健康には規則正しい生活、栄養のある食事、質の良い睡眠は欠かせません。

それらを整えるだけでも生理症状は十分に改善されていきます。

シェアをお願いします。


生理症状に悩む人必見|自分に合ったPMSサプリメントの見つけ方